締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中のエロ漫画|無料立ち読み

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中を無料立ち読み

締まりが良すぎると思ったら

彼女の妹を夜這い中はこちら

↓↓↓

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中

 

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中のエロ漫画が電子コミックで配信スタートしました。
今すぐ読んでみたい人は以下より作品ページへGO。
無料で立ち読みができます。

 

締まりが良すぎると思ったら|無料立ち読みはこちら

 

 

 

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中のあらすじ

 

 

「そんなに動かさないで…お姉ちゃんにバレちゃう!」

 

 

バカンス中、彼女と夜這いプレイをすることになった主人公の圭太だったが・・・

 

深夜になり、彼女の部屋にこっそりと忍び込みおっぱいをモミモミしたら・・・

 

なんだかいつもよりデカいおっぱい!

 

気のせいかと思い、気にせず無理やり挿入してみると・・・なんだかあそこもキツキツでまるで処女。

 

実は、彼女だと思っていた相手は彼女の妹のむつきちゃん!

 

間違って妹の方に挿入しちゃった!

 

 

「圭太さんのバカぁ・・・許さないんだからっ」

 

 

ごめん、でも…気持ち良すぎて止まらない!!

 

続きは本編でどうぞ!

 

 

締まりが良すぎると思ったら|無料立ち読み・本編はこちら

 

 

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中の画像

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中のサンプル画像を紹介します。

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中

 

 

 

締まりが良すぎると思ったら|無料立ち読み・本編はこちら

 

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中他おすすめエロ漫画

 

締まりが良すぎると思ったら…彼女の妹を夜這い中の他おすすめエロ漫画を紹介します。

 

姪っ子はヤリもくオジ専JK

 

気分転換に出会い系でエンコーをしてみようと思ったアラフォーの主人公。
しかし、エンコーの待ち合わせにやってきた制服姿の女の子は自分の姪っ子だった。

 

姪っ子にエッチなことをするなんてトンデモナイ。
そう頭ではわかっているのに身体はビンビンに興奮してしまう。

 

子供だと思っていた姪っ子が、あんなに女性として成長をして、自分を惑わす存在になっているなんて……取返しのつかない関係に発展する2人。

 

それでも快感の渦から逃れることはできなかった。それが「姪っ子はヤリもくオジ専JK〜出会い系でまさかの遭遇」のあらすじです。

 

40歳を迎えても結婚できず、独身を貫いてる主人公。
このまま自分は結婚できず、寂しい人生を送るしかないのか?そんな気持ちになってしまう。

 

そこで主人公は気分転換もかねて、出会い系を利用してみることにした。制服姿の女の子にお小遣いをあげて、エッチなことをたくさんしよう。そう思っていたのだ。

 

出会い系でエンコーなんてトンデモナイ。

 

頭では理解しているが、家に帰っても誰も迎えてくれない寂しい生活。
それなら一度くらいエッチなことに挑戦してみよう。主人公のサラリーマンはそう思ったのだった。

 

しかし、待ち合わせにやってきたのはトンデモナイ人物だった。

 

死んだ兄貴の姪っ子が自分のエンコー相手。お互いに信じられない状態だった。

 

子供の頃から知っている姪っ子にエッチなことなんて考えられない。
帰ろうとする主人公だったが、姪っ子は顔を赤らめ、ホテルを指さすのだった。

 

 

あの娘の体は抱き枕

 

 

平凡な男子高校生 倉間大貴。
彼はクラスメイトの詩乃に恋をしていた。
詩乃はクラスの男子に人気の女の子。
めちゃめちゃ可愛くて、クラスの中でも巨乳に位置する女の子。
そんな彼女に思い切って告白した大貴。
案の定フラれてしまいました。

 

あんなに仲が良かったのに……なぜ……
毎日のようにメールのやり取りをしていたのに、告白した日からぱったりとメールは無しになりました。
朝挨拶をしても『お……おはよう…』とぎこちない感じになってしまう。
自分が詩乃と恋人同士になれることはない。
大貴はそう思っていた。

 

そんな大貴にチャンスが訪れた。
学校帰りに立ち寄った道具屋のおじいさんから怪しい抱き枕をプレゼントされたのだ。
怪しいアイテムだったが、じゅっとし抱き心地の良さに大貴は購入を決めた。
そして、プレゼントしたおじいちゃんのようやく持ち主が見つかったとご満悦。
怪しすぎる……

 

ちなみに道具屋のおじいさんが言うには、この抱き枕のネームタグに名前を書くと、名前の人の抱く心地が味わえること。
普通はそんな怪しい話を信じませんが、大貴は違います。
少しでも好きだった女の子の雰囲気を味わいたいと、抱き枕のネームタグに詩乃の名前を書くことにした。

 

夜の2時。
ふと大貴が目を覚ますと、さっきまで抱いていた枕が女の子に姿を変えていた。
もちろん、相手の女の子はネームタグに名前を書いた詩乃。
本物と疑ってしまったが、足元にはしっかりと名前つきのネームタグがついていた。

 

『彼女はあくまで抱き枕……抱いて一緒になるためのもの…だから俺の自由にしていいんだ!』
大貴はそう理解して、抱き枕の詩乃に襲い掛かった。

 

眠っている大きなバストをパジャマの上から揉みまくる大貴。
童貞である大貴は、初めての女性の胸の感触と好きな女の子に触れられた嬉しさに興奮してしまいます。

 

パジャマを脱がせて、乳首を舐めると詩乃から気持ち良さそうな声が聞こえてきます。
さらにヒートアップした大貴は、童貞喪失をこの夜に達成することを誓うのだった。
抱き枕でも好きな女の子に変わりはない。

 

 

締まりが良すぎると思ったら|無料立ち読み・本編はこちら